読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辺見庸 研究 ~内宇宙への旅~

辺見庸の発言は、ときに「荒れ球」や「魔球」もあるが、「剛速球」が身上である。その根源にある思考とは何か。

59.反照者たち

 憧れの感情は心に一条の光となって生きる動力となる。それはロールモデルの底辺にも存在する。憧れの対象に向かって投げかける光線は穏やかだ。

 それに反して自己が投げかけた光線が衝撃の反照となることがある。それは自己の根底を照らす光の束であり、心の内奥にまで入り込む。反照者は書物の中で知った人であったり、実在の人で知遇を得た人である場合もあろう。

 縁を得た人は幸いである。反照者と現存できるからだ。逆にそういった縁を結べなかった人は、他者によるインスパイアなく生を終えるが、だからといってそれが不幸であるとは断じえない。

  反照者とはいったいどのような人なのか。返答に窮する。なぜならば、それはまさに人さまざまだからである。 

 反照者に共通しているのは「十字架」を背負っているということである。クライム(犯罪)ではなくスィン(罪業)を背負っている。生死のはざまで対峙する単独者。そこには、非・反権力、非・反権威を貫く姿がある。

  辺見庸は、世にいう偉人たち(次記)と少し位相の違う位置から、反照する人びとがいることを、私たちに気づかせた。 

自責の単独者 :鹿野武一、石原吉郎、菅 季治

孤絶の人   :シャラーモフ、マンデリシュターム、小山俊一、(フランクル) 

自死願望で生きた人 :尾形亀之助、弾誓上人、(「バートルビーハーマン・メルヴィル作)

   

  上記以外の、「反照」する人びと。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

孤高の人

  良寛加藤文太郎キルケゴール

アナキスト

  クロポトキン 深沢七郎 幸徳秋水 大杉栄

求道者

  シモーニュ・ヴェイユ  トルストイ  空海 

ニヒリスト

  ニーチェ  武田泰淳

純真直情の人

  ゴッホ  ガンジー  大道寺将司

芸術至上主義者

  モーツアルト ピカソ ベートーベン ランボー 紫式部 谷崎潤一郎  芭蕉

反抗と愛の人

  イエス   

知の巨人

  マルクス  ヘーゲル ソクラテス プラトン アリストテレス ルソー アインシュタイン 南方熊楠  ゲーテ

 

革命家

  チェ・ゲバラ  トロツキー  レーニン  ルター  インディラ・ガンジー

悟達の人

  老子  荘子  釈迦   

愛の実践者

  マザー・テレサ  ヘレン・ケラー  

 

 重要なことは、無名でも反照する人は少なくないということである。