辺見庸 研究 ~内宇宙への旅~

辺見庸の発言は、ときに「荒れ球」や「魔球」もあるが、「剛速球」が身上である。その根源にある思考とは何か。

61.「不条理な」苦痛

 今日の世界情勢として政治の右傾化、排外主義の台頭がある。それは「トランプ現象」に顕著に表れているのだが、日本にも当てはまることである。

 逸見庸は『いま、抗暴のときに』で、次のような主旨のことを述べている。十数年も前のことだ。

 ドブレは前掲書で憂いがちにいっていた。「技術の進歩は不可逆だが、政治は可逆的なものだ。つまり、政治には進歩はないということだ」。人間的なるものは技術的進歩に追いついていないし永遠に追いつくことはない。そこで現出したのがすなわち高度技術社会における不可視の精神遅滞ないし獣性である。

『いま、抗暴のときに』毎日新聞社、2003年。のち講談社文庫、2005年、84-85ページ。(なお、文中の前掲書とは、ドブレ『革命の中の革命』(晶文社))

  歴史が技術と同様に進歩するのであれば、原始・古代・封建・近代・現代の推移として、人間(人類)の情意における俗や劣は精錬された「精」(叡智)を内包して現出しているはずであるし、それが未来において大きく広がると予感されるに至っているはずである。

 そうならずに人間は「精神遅滞ないし獣性」を引きずっているのだから、「人間の不完全性を歴史はいつまでも刻み続けている」とわかったように佇み、利己に閉じこもっていると、次に来るのは核兵器の使用による滅亡である。 

 「ぼくは無機物論者ですから、そういうもの(生れ変わり:筆者註)はなくても平気なんです。だけど、生きている間はイメージのなかで平和共存とか、南無阿弥陀仏とかありますけれども、平和共存と何回も繰り返すよりも、南無阿弥陀仏で極楽に往生するということがより広く、より長続きする一つの考え方だと思うんです。平和共存というものは、非常にあやふやなものでしょう。しかし絶対他力というものはね、全部救いがないというときに浮かび上がってくるイメージですから、そのほうに賭けるわけです。生きている間はですよ。だけど、本心は無機物に帰するに過ぎない。地球上のすべての生物はやがて腐って、消えゆくものですね。腐って消えてゆかなかったら、存在というものはできないでしょう。(中略)腐って消えていって、滅びてしまうということがあってですね、うまく調和がとれているのであって、それはぼくは自然科学的に考えているわけです。」

 武田泰淳『館田泰淳全集 別巻二』筑摩書房、1979年、198ページ。

 しかし、人類がこの地球で無機物になる前に平和共存を、他力本願と言われようが、それが非常にあやふやなものであろうが、矛盾に対峙しながら唱え続ける。または辺見の言うように、

 いわゆる「反社会的」思想の助けも借りなければならないし、まずもって「反社会的」という世にも恥ずかしい言葉を捨てることからはじめなければならない(辺見庸『同上書』85ページ)。

 かつてのローマ帝国がそうであったように、米国は自国の仕業に起因したことどもを顧みず「逆切れ」し、気に入らないものを排除・抑圧する。抵抗や反乱が必至なことは自明である。

 資本に精(叡知)など皆無、権力・権威もしかり。言葉だけによる理念やロマンもまたしかり。押し付けられ誘起された自己犠牲ではなく、個として主体的な自己否定(批判的主体形成)を通じて「脱・精神遅滞ないし獣性」を具現する。  

 技術の進歩に比べた場合の政治の可逆性ないし退行。人間の情意が俗や劣から脱することができずに引き戻されるが、進歩の規準はある。

 人類(歴史)の進歩は、人々の利便性と快適性をひたすら追求する技術における進歩とまったく異質なのである。

 「不条理な」苦痛―つまり各人が自分の責任を問われる必要のないことから負わされる苦痛―を減らさなければならない、という価値理念に歴史の進歩の規準が求められる。

(出典:市井三郎(1971)『歴史の進歩とはなにか』岩波書店、208ページ)。

 障がい者、被差別者、被災者、難民、その他諸々の不条理に見舞われている人たちの苦痛をいかに減らすことができるか。

歴史の進歩を刻む。その取り組みのなかで、各人が問われる責任を、各人の置かれた情況や暮らしにおいて自覚し行動に移し主体形成へと進んでゆく。

 「他業自得」を基底に「自業自得化」してなにか新しいもの(新しい自分をふくむ)をつくりだす。その営為のなかに自由がある。 小山俊一はサルトルの所説を、そのように理解したのであったが、一言つけ加える。「説教ならまだしもだ」と。