辺見庸 研究 ~内宇宙への旅~

辺見庸の発言は、ときに「荒れ球」や「魔球」もあるが、「剛速球」が身上である。その根源にある思考とは何か。

63.ファシズムの快と自省

 辺見庸は述べる。

 何度もくりかえしますが、ファシズムというのは、けっしてでたらめなやつだけがやっていたわけではないのです。ファシズムにはファシズムなりのある種のロマンというものがあった

 そのことを忘れないようにしたいとぼくはおもうのです。「ファシズムにはいかなる精髄もなく、単独の本質さえない」、それは「ファジーな全体主義だった」とイタリアの作家ウンベルト・エーコーは指摘したことがあります。つけくわえれば、ファシズムとは時に排外的行為を、痛快で、爽快であると錯覚する社会心理、集団心理でもあろうかとぼくはおもいます。日本でもその根は絶えていない。

 辺見庸 『しのびよる破局 生体の悲鳴が聞こえるか』大月書店、2009年。のち 角川文庫、2010年、73-74ページ。

 ロマンチシズムは、本来、個として理想主義ないし観念感情や感受性・主観に重きをおく。対極に理性偏重、合理主義や写実主義自然主義など広義のリアリズムがある。

 自己がリアリズムでの実態を知悉すると、矛盾に苦悩せざるを得なくなり、ロマンチシズムに向かう。だが結局、満身創痍で立ち行かなくなる。ロマンチシズムはリアリズムの前に崩れ落ちる。

 ディストピアに陥り、滅亡の幻影にさいなまれデカダンスに身をゆだねたりする。自らを無機物へと追いやるケースもある。

  ところがそれでも、滅亡の反照に目を背けられずロマンへ希求が突き上げてくる。またもやニヒリズムに苦悩しながらも両者の間を往還し葛藤・確執を繰り返すのである。

  ロマンチシズムとリアリズムの往還、確執(葛藤)の場は、人間社会のすべてにわたる。

国家→     革命(アナキズム共産主義)、サンジカリズム、社会民主主義 

        アソシエーショニズム

        ファシズム国家社会主義、独裁)、

        *ポスト・トゥルーシズムが駆使される。

  

 経済→    自由経済 市場経済 国家独占資本主義

        福祉資本主義  社会主義経済 共産主義経済

        エコロジー経済

 社会、思想、哲学、医療、それ以外に多岐にわたる。

   文学、音楽、家庭、性、愛、恋、友情、老い、教育、消費 f:id:eger:20170210142727j:plain

   世界に蔓延しつつある排外的自国第一主義は、政治経済面でのロマン主義の一種ではあるが、リアリズムの課題・問題との取り組みを放棄したものであり、理想とは似て非なるものである。内なる利己的遺伝子の突き上げを情念の高揚として認識し、内語での自省・対峙を失うかまたは回避している。

 そのことに気づいた者が、状況の闇をフォーカスする力を研ぎ澄ますことができる。

                                 (エゴン・シーレ死と乙女」)